英会話学校パシフィック ランゲージ スクール(PLS)の日常やイベントをお伝えしています!
 


 

カナダ便り②

皆様、こんにちは。
教務部のKiyomiです。

カナダホームステイも第2週目が終わり、残すところ後1週間となりました。
今日4日月曜日はBC(British Colombia) dayで、学校はお休みです。
子どもたちはそれぞれのホストファミリーと一緒にお出かけをしているようです。
遊園地や、バンクーバーのダウンタウン、キャンプ、ジャパンフェスティバル、またカナダとアメリカの国境へ連れて行ってもらうなど、楽しそうな計画が盛りだくさんのようです。

今は庭のあずまやでこのブログを書いているのですが、
横では私たちのホストマザーがチキンケバブを焼いてくれています。
美味しそうな匂いがたまりません・・・
夕食まで後2時間・・・
耐えられるかな・・・

今年の子どもたちのホストファミリーもお料理上手なご家庭ばかりで、
みんなとっても美味しいお食事をいただいているようです。
市のお料理コンテストで優勝したという、強者マザーもいますし、
夕飯はファーザーが作る、というご家庭もあります。
美味しいご飯と、まるで本当の子どものように扱ってくれるホストファミリーのおかげで
みんな元気一杯に過ごしています。

さて、先週も子どもたちは午前中はみっちり英語の授業、
午後はビーチへ行ったり、プールへ泳ぎに行ったり、カナダ式ボーリングをしたり、山へ登ったり(ゴンドラでですが)と楽しいアクティビティが満載でした。

8月1日(金)の午後はステイしている街である、バーナビーの博物館へ。
博物館と言っても、建物の中ではなく、
敷地内に100年前のバーナビーの街並が再現されているのです。
古き良き街並に、タイムスリップしたかのような気分を味わっている子もいました。

その敷地内には小さな可愛らしい教会があるのですが、
何やらドレスアップした人たちが入り口の前に集まってきました。
これはもしかして!!

何と、本物の結婚式でした!!

この博物館では教会を借りることができるそうです。
しばらく待つこと20分・・・

花嫁さんが黒いクラシックカーに乗って登場!!
ブライドメイド(花嫁さんの付添人)にドレスの裾を抱えてもらい歩く姿を
子どもたちも私も写真に撮らせていただきました。
外国の結婚式なんて初めて見たね、
奇麗だったねと、子どもたちと話していると、

午前の授業では、小学生クラスの担任のMiss Bが
「みんな、花嫁さんの靴を見た?」と。

誰も気にもしていなかったのですが、撮った写真を拡大してみると・・・

Transient
 

何と足元は水色のスニーカー!?

Miss Bによると、今カナダではウェディングドレスにスニーカーを合わせるのが流行っているそうです!(衝撃!!)

中高生の女の子たちと担任の先生たちは、
一生の思い出なのに、それはさすがにないよねー、と
女性同士、思いを共有し合っていたようです。

100年前の街並から、現在の流行まで、
幅広く学んだ1日でした。

Kiyomi