英会話学校パシフィック ランゲージ スクール(PLS)の日常やイベントをお伝えしています!
 


 

Canadian Bowling

皆さん
Canadian Bowling
ってご存知ですか?

 

ホームステイプログラムでは
ここ数年
午後のアクティビティの一つとして
行われている活動なのですが
毎年、もっとも楽しかった活動に
選ぶ子がいる人気のアクティビティです

ボールは1種類です

 

私はもっぱら
見学 応援 写真撮影
専門で
てっきり
Canadian Bowlingは
普通のボーリングより小さいボール
それも指を入れる穴がないボール
を使って
わずか5本のピンを倒すだけの
ゲームだと思っていました

ピンの周りにはゴムが付いています

普通のボールがフレームの大きさと考えると小ささが分かります

ところが・・・
今年は
「スコアのルールが分からない」
という質問が…
てっきり
スペアやストライクの時のスコアのルールのことかと思っていたら
「なんか点の計算が分からない」
一緒にスコアを見てると
確かにピンが全部倒れてないのに5点取ってる
そしてよく見たら1フレームに投げられる数が
3回!!

うーん、手動でスコア付けるのは無理そうです・・・

 

実際にやってみないと
分からないことって
たくさんあるんだなぁと実感!!

3回目のCanadian Bowlingにして
初の質問!!
きっと今までは
ピンをとりあえず倒すことに必死で
計算は「機械任せ」の子が多かったんですね

アクティビティ引率の先生や
クラスの先生も一緒なので
「先生に聞いてみな。それで教えてね!!」
と伝えて
密かに女性の先生に聞いてみると
「そう、ピンによって点数が違うんだけど・・・
私は普通のボーリングの方でばかり遊ぶから
細かくは分からないの…」
と言われてしまいました

まずは名前の入れ方を先生と係員の方に教えてもらってからゲームスタート!!

 

では
本気モードでプレイしている男性の先生に聞くか!!
と思って先生を見てみると
話し掛ける隙を与えないほどの本気モードで諦めました
(今年は男の子が多かったこともあり
いつにも増して本気モードだったのだと思いますが
ちゃんと苦手な子には
「こうやって投げてみたら?」とサポートしていましたよ!!)

しかし
暫くしたら別の先生に聞いたのか
数学の力を使って解き明かしたのか
きちんとどのピンが何点かを分かっていて
教えてもらったのですが
年のせいかすっかり忘れてしまいました・・・

そこで今回調べてみたら
5 pin Bowling とも呼ばれているようで
トロント発祥のれっきとしたカナダのスポーツでした!!

Wikipedia でも
"Five-pin bowling is a bowling variant which is played only in Canada "
(5ピンボーリングはカナダだけでプレイされているボーリングの一種(変異したもの)である)
と書かれていました

問題の点数は
ヘッドピン(真ん中)…5点
その両サイド…3点
両端…2点

そして
3回目の投球ですべてのピンを倒しても
スペアにはならない
など

他にもルールがあるようですが…
小さいボールを使って
5本のピンを倒すということで
はじめは「こども用」の簡単なボーリングだと思っていたのですが
見た目以上に難しい (はず)
穴の開いていないボールを狙った方向に投げるなんて
至難の業!!

と言うことで
カナダでは大人も楽しんでいるスポーツで
カナダには5ピンボーリング協会が色々なところにあるそうです

興味のある方は是非Wikipediaのページ をご覧になってみてください!!
1フレームで3球投げるから普通のボーリングよりパーフェクトゲームは珍しいとか
ピンにより点が違うので、普通のボーリングよりも色々頭を使うとか
ピンを倒すことを knock を使うんだ!!とか面白いですよ
Wikipediaに使われている写真を見て
「普通、こういうところに載せるのは、一番いい写真を使うよね…なんで、これ?」
と一緒に見ていた先生が笑っていましたが・・・

実際に体験した人は分かるはず!
ボールに穴が開いてないから、子どもは持てないんです
写真と同じポーズの投球をしている子を毎年見かけます!!

Transient

去年は↑このように突然電気がブラックライトに変わりました!!

来年、カナダホームステイプログラムに参加される方は
ぜひ、一緒に楽しみましょう!!
(まだ来年のアクティビティは決定していないので
来年も実施されれば…ですが)
旅行でカナダを訪れるという方も
ぜひ挑戦されてみてはいかがでしょうか??