英会話学校パシフィック ランゲージ スクール(PLS)の日常やイベントをお伝えしています!
 


 

カナダサマープログラムアンケート結果

カナダサマープログラムから帰国して3カ月以上が経過しました。あっという間です。
帰国してから、参加者と保護者の皆様に感想文+アンケートをご提出いただき、作文集とアンケートまとめをしていました。作業が遅れ、まだ皆さんの手元にはお届けできていませんが、最終段階まで来ておりますので…もう少し、お待ちくださいね。

今回は、作文集より一足お先に、アンケートの結果発表をさせて頂きます。

まずは参加者アンケート
「カナダの生活で一番印象的だったことは何ですか?」

他の国から来た子と英語で会話すること。普段、日本語で話すことを、自然と英語で話していたのが、どこか不思議で面白かったから
→確かに友達との「日常会話」は、英語のクラスで勉強する内容とは少し違うかも知れません。それを「自然と」できていたなんてスゴイ!!ですね。でも、基礎ができていたら「本当に話したいこと」と「伝えたい相手」がいたら、以外とさらっとできてしまうのかも知れません。

普段はあまり触れ合えないフランス、ベトナム、メキシコ、台湾の人たちとたくさん触れ合うことができたこと、お土産の麦茶のパックを中国の子にあげたこと。とても喜んでくれたから
→他にもUAEやモンゴル、イタリア、ドイツ、韓国など色々な国からの参加者がいました。グループで来ている子もいれば、自分の国からたった1人で来ている子まで様々でした。英語やカナダの文化だけでなく、他からの参加者の国や言葉についても知ることができたこともこのプログラムだったからこそ。その逆に、日本について教えることができた、難しかったという経験もできたことでしょう

皆、笑顔だったこと。カウンセラー(現地のグループリーダー)も友達も楽しそうに過ごしていた
→確かに!大人も子どもも笑顔がいっぱいの2週間でした。楽しいレッスンやイベントだけでなく、色々なバックグラウンドを持つ人が集まる中で「言葉だけ」で簡単に通じ合えない状況だからこそ、普段以上に「言葉以外のメッセージも汲み取ろう」、「行動で示そう」と分かり合おうとしていたことも、その理由の一つかもしれません。

午後のアクティビティ。公園や大学内でゲームをしたりして遊んだから、夜9時まで外で遊べた、泣いてばかりだったけどディスコナイトが楽しかった
→今回は寮生活で、日中だけでなく、夜も(と言っても明るい!!)様々なアクティビティ、ゲーム、スポーツ、タレントショーなどが用意されていました。ディスコナイトもその一つで、毎週参加者の入れ替わりがあるため土曜日の夜にお別れ会を兼ねて行われているものです。DJをつとめるカウンセラーが選曲していたのですが、時折日本の曲もかけてくれ、盛り上がっていました。(もちろん他の国の参加者も踊っていましたよ)メキシコ代表曲マカレナ!!のダンスは、参加者の皆はマスターしたのではないでしょうか?言葉だけでなく、こうして、一緒に体験しながら自然と異文化交流できるのがこのプログラムの醍醐味!!でしょう。

↑広い芝生のグランドで、スポーツ大会前に集合している様子 これでも「夜の」アクティビティ!!

アンケート結果のお知らせは、まだまだ続きます・・・。

サマープログラムについてもっと知りたい!!という方は、PLS海外事業部 までお知らせください。
PLSのFacebook でもスクールの様子などお知らせしていますので、ご覧ください。