PLS 英語教育研究所

本研究所は、市町村の教育委員会からの依頼を受け、プログラム(レシピ方式・PLSシステム)提供を行うほか、プログラムを効果的に進めるNLT(Native Language Teacher)・学級担任(HRT)の研修などを通して英語教育をサポートするコンサルタントやアドバイスを行っています。また、小・中学校連携に関する研究やアドバイス、私学の幼稚園から高校の英語プログラム作成及び教師研修も行っております。

In response to the Boards of Education of several cities, we are giving advice and support with the program (“Recipe Method” / PLS System), and are training NLTs (Native Language Teachers) and HRTs (Homeroom Teachers). We are also focused on making a better connection between elementary and junior high school curricula. We are cooperating with several private schools (kindergarten – high school) in developing English programs for which we provide teacher training, as well.


小学校英語ワークショップ開催

2016年4月3日に第1回小学校英語ワークショップ「すぐに使えるアイデアあれこれ」がPLS浜田山校で開催され、無事に終了しました。ご参加下さった皆様、ありがとうございました。今後もワークショップを開催していく予定ですので、よろしくお願いいたします。


沿革 

2004年

PLS小学校英語教育研究所設立
長野県下諏訪町小学校2校にて、プログラム開始

2006年

茨城県鹿嶋市小学校3校にて、プログラム開始

2007年

鹿嶋市にて、さらに7校が導入

2008年

PLS 英語教育研究所に名称変更
鹿嶋市全小学校12校が対象となる (〜2015年度)

2011年

長野県上伊那郡箕輪町の全5校の小学校で、プログラム導入

2012年

長野県諏訪郡富士見町の全3校の小学校で、プログラム導入

2014年

長野県上伊那郡宮田村の全小学校で、プログラム導入
長野県諏訪郡下諏訪町の全中学校2校でプログラム導入

2015年

2016年

長野県南佐久郡佐久穂町の小中一貫校にて、プログラム導入

長野県諏訪郡原村の小学校にて、プログラム導入
高知県高知市立土佐山学舎1年生、及び2年生でプログラム導入