英会話学校パシフィック ランゲージ スクール(PLS)の日常やイベントをお伝えしています!
 


 

絵本のススメ

みなさん、こんにちは。
自称「絵本収集家」のスタッフSakiです。

幼少期は大阪の片田舎で母や伯母が買ってくれた大量の絵本に囲まれて育ち・・・
小学校では図書室に入り浸り・・・
高校生で英会話と出会ってからは、自分が読めるレベルの英語の絵本を買い漁っておりました。

集めた本はストーリーが好きで何度も何度も読み直したり、絵のタッチが好きでただただ眺めたり。

そんな絵本の収集も就職してからは毎日忙しくて一時期パタリと止まっていたのですが、3年前に娘を出産してから眠っていた絵本熱が再燃。

娘に読み聞かせるために「毎月1冊新しい絵本を見つける」という目標を勝手に立てて、日々絵本探しに勤しんでいます。
(毎月絶対買うのではなく、これは良い!という絵本に出会ったら・・ですけどね。)

そんな娘の本棚は日本語・英語ジャンルはごちゃ混ぜで、赤ちゃん向けの絵本から始まり、最近では少し長めのお話しもコレクションに加わるようになりました。
実家の母に頼んで、私の昔のコレクションから持ってくることも。

寝返りをはじめた頃から「親子のコミュニケーションタイム!」と勝手に称して、毎晩寝る前に絵本の読み聞かせをしていたのですが、最近は自分で絵本を引っ張り出してきて、まるで保育園の先生のように「見えない誰か(彼女には誰か見えているのでしょうか・・・)」に読み聞かせる姿も見られるようになってきて、とても微笑ましいです。覚えたてのつたない言葉で一生懸命読む様子って最高にかわいいですね。

最近我が家のコレクションに仲間入りしたこちらの絵本・・・

「Goodnight Already!」

image1.jpeg



眠くて仕方がないクマと、眠れないのでクマにかまって欲しくて仕方がないアヒル


のやりとりがとても楽しい絵本です。

子ども向けのストーリーかと思いきや、クスっと笑ってしまう絶妙な描写に私がハマってしまいました。

クマとアヒルのセリフを声色を変えて読む演出を加えてみたところ娘に大ウケ。

しばらく毎晩この本の読み聞かせのリクエストが入っていたほどです。

自分が面白いなと思ったものが子どもと共有できる絵本の収集、とってもおすすめです。


今回紹介した「Goodnight Already!」を7月いっぱいスクールのロビーで展示しています。
気になった方はお手に取ってみてくださいね!(お貸出しではなく、スクール内での閲覧でおねがいします)

日本語を母語としない親子の為の進学ガイダンスのお知らせ(武蔵野国際交流協会主催)

先日、お知らせしました外国人のための相談会に引き続き、「日本語を母語としない親子の為の高校進学ガイダンス」のお知らせです。
いつもはカナダオリエンテーションが重なり参加できずにいたので、今回が初参加!
そこで、事前に資料をいただいたのですが、日本人の私でもわからないことだらけ・・・。
ご両親が日本語を読み書きできなかったり、相談に乗れる人が身近にいなければ、これらの情報を得ることは難しく、それが子どもたちの進学=将来に直結しているのだと改めて感じました。

「義務教育を終えたら、その後進学できるのは限られた人だけ」という国で育ってきたら、日本でも中学まで卒業できれば良いと考えてしまうかもしれませんし、受験に必要な情報を得ることができず、受験の手続きの仕方さえ分からなければ、子どもたちが進学するのは難しいでしょう。
しかし、日本の高校進学率は98.8%と言われています。そんな中で、情報がないということで不利な立場に立たされてしまう子どもたちは残念ながらたくさんいるのが現状です。
公立高校、私立高校、通信制高校、サポート校、中学を卒業していなくても中学卒業程度認定試験や夜間中学校など様々なオプションがあることを知り、どのようにすれば良いかをしるのはきっと大きなステップになることと思います。

お知り合いに、進学について悩まれている方がいらしたら是非、教えてあげてください。

↓は武蔵境で7月7日に行われる進学ガイダンスですが、その他にも6月23日東洋大学白山キャンパス、7月15日品川区中小企業センターなど各地で同じようなガイダンスが行われますので、調べてみてくださいね!

また英語など得意な言語がある方は、通訳として参加してみてください。通訳はまだ自信がない…という方も運営サポートなどいろいろできることがあると思いますので、お近くの国際交流協会などに問い合わせてみてください。


Guidance on High School Entrance for Students & Guardians of Non-Japanese Speakers 

Date & Time:JULY 7 (Sun) 13:00-16:00

Place:SWING 11F Sakai2-14-1(1minute walk from JR chuo line Musashisakai station)

Fee:Free of charge (Guidebook ¥500)

Topics: Guidance on entrance exams, expenses, how to study, and metropolitan high schools; explanations with actual experiences. Individual consultation may be arranged after guidance.

Interpreters (tentative):English, Chinese, Korean, Spanish, Russian,Filipino, Thai, Vietnamese. For Myanmerese and Nepalese,please ask MIA.

Application:Appointment required.Apply by Jul 6 (Sat) via phone or the MIA website (https://mia.gr.jp/news/event/20190707guidance).

主催:Musashino International Association

法律と心理の無料相談会

今年も、武蔵野市国際交流協会の実施する「外国人のための法律と心理の無料相談会」が5月25日に行われます。
お知り合いの方で、困られている方がいらしたらぜひ教えてあげてください。
下の写真のパンフレットをフロントのところにおいておきますので、どうぞお知り合いの方にお渡しください。
12か国語で書かれていますが、いったい何語で書かれているか分かりますか?
当日は、無料で弁護士や行政書士、社会保険労務士、心理カウンセラーなどの専門家に通訳付きで相談をしていただくことができます。
(武蔵野市の住民の方でなくても、お越しいただけます)

 
20190417160053284_0001.jpg
20190417160053284_0002.jpg
 

外国人観光客だけでなく、新しい在留資格も新設されるなどお仕事で日本に来る方も、これからどんどんと増えてくることが見込まれています。
また、お仕事で来られている方や国際結婚をされた方が自分たちの国にいるご家族を日本に呼び寄せるケースなども増えてきていますが、まだまだ彼らに対する日本のサポートは残念ながら十分とは言えません。
制度や仕組みとしてのサポートだけでなく、隣人となる私たちにもできることはきっとたくさんあるはずです。

このような相談会は東京都だけでも、色々な場所で開催されており、地域の通訳ボランティアも募集していますし、会の運営サポートなども募集しているところもあると思いますので、ご興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか?

東京都のリレー専門家相談会についてはこちらをご覧ください ⇨ https://www.tokyo-icc.jp/relay_soudan/  
杉並区、台東区、文京区、板橋区、中野区、西東京市、立川市、国分寺市など

今回お知らせしております武蔵野市国際交流協会では、7月7日に「日本語を母語としない親子のための高校進学ガイダンス」(要事前申し込み)も開催されます。