カナダ インターナショナル サマープログラム:参加者の感想&アドバイス

 
写真集.jpg
 
 

全体の感想

サマープログラムっていったいどんなプログラム何だろう? その質問の答えは、実際にカナダで2週間、様々な体験をした参加者の声を聞いてみるのが1番ですね!

 
 
DSC03173.JPG
 
 

友達について

事後アンケートで出発前に不安だったことを聞くと、「友達ができるかどうか」をあげる参加者が多いですが、たくさんの出会いが待っています。PLSグループとして一緒に参加する仲間はもちろん、現地で知り合う友達には日本人もいれば、中国、メキシコ、ロシア、韓国・・・様々な国の参加者がいます。話しかけられるのを待っていないで、勇気を出して話しかけてみてくださいね!そうすれば、先輩たちの様にたくさんの友達ができますよ!

 
 
 
 
 
 

英語・コミュニケーションについて

出発前に不安だったことで、友達と同様にあげられる「自分の英語で大丈夫なのか」という不安。思っていたより話せた!と自分の英語力を発揮できた参加者もいれば、戸惑いつつも徐々に聞き取れるようになってきたり、相手に伝えることができるようになってきたなど滞在中に成長を感じた参加者もいるようです。そして何より「間違えを恐れなくなった」という声をよく聞きます。他の国の参加者も英語のネイティブではない(お互いにパーフェクトな英語ではない)ことや、カウンセラーは頼れるお兄さん、お姉さんのような存在であることで「がんばって話してみよう!」と思わせてくれるようです。間違えを恐れなくなることで、どんどん英語を話すようになり、上達していくだけでなく、会話の楽しさを感じたり、自信にもつながっていくでしょう。 

感想 51.jpg
 
 
 

英語クラス

授業が英語だけで進められるということ以外にも、授業のスタイル(アクティビティやゲームなどが生徒同士の活動が多い など)やクラスメイトの授業への取り組み方の違い(発言量、レッスン中の飲食 など)など、様々な違いに刺激をうけることでしょう。

感想 2.jpg
 
DSC03236.JPG
DSC03177.JPG
DSC03544.JPG
 
 

アクティビティ(英語クラスメンバーと一緒に)

授業の後、昼食をはさんで、英語クラスのメンバーと一緒にアクティビティを行います。1日、2種類のアクティビティをローテーションで行います。スポーツやダンス、ヨガだけでなく、室内ゲームなど様々なアクティビティが行われるので、きっと自分の得意分野のアクティビティがあるはず!2週間という短い期間ですが、色々なアクティビティを通して、クラスメイトについて深く知り合うことができるでしょう。

 
DSC03201.jpg
DSC03642.JPG
 
 

アクティビティ(カウンセラーグループと一緒に)

カウンセラーグループのメンバーとキャンパスを抜け出して、カヌーに乗ってみたり、プールに行ったり、観光地に出かけて買い物をしたり、夕飯を外で食べたりする機会もあります。参加者や先生、カウンセラー以外の人と英語での交流に、はじめは戸惑う様子も見えますが、2週目には堂々と交流しています。

 
 
DSC03629.JPG
DSC02903.JPG
DSC03373.JPG
 

カーニバルナイト(アクティビティ)

カーニバルナイトって何?と思っていたら、この日はいつも遊んだり、スポーツをしたりするグラウンドに様々なゲームが登場し、夜までたっぷりと遊ぶことができました。

 
 
 
DSC03341.JPG
DSC03353.JPG
 
 
DSC03289.JPG
DSC03302.JPG
DSC03295.JPG
 

マルチカルチャーナイト(アクティビティ)

まずは様々な国の料理を食べ、カウンセラーさん達が自分の国の文化を様々なアクティビティを通して紹介してくれました。アイルランドのダンスに、スペイン語(メキシコ)を使ったビンゴやマトリョーシカ人形作り、ウクライナの遊びに、様々な言語を教えてくれたりと色々な文化に触れることができました。参加者も浴衣など、自分たちの国の服を着ている子や、踊りを披露した子もいました。

感想 32.jpg
 
DSC03676.JPG
DSC03714.JPG
DSC03701.JPG
 
 
 
 

参加者アンケート「またキャンプに参加したいですか?」

アンケート1.png

またキャンプに参加したい (13名)

  • 色々あったけど、めちゃくちゃ楽しかった!

  • とても楽しかったし、一生の思い出に残り、英語を話すことが楽しいと感じたから

  • 人生を変えるような素敵な体験だったから

  • 沖縄など、日本中の友達や外国の友達など、参加しなければ会えなかった沢山の人と友達になれたから

  • 色々な国の人と日本では体験できないようなことを たくさんできたから

  • 日本人が多かった分、他国の子が少なかったが、その中でも色んな国籍の人達のことを知れたし、友達になれて少し自信がついた

  • カナダで出会った様々な国の友達やカウンセラーに もう1度会いたいし、様々なアクティビティをもう1度やりたいから

  • とても部屋はしっかりしていたし、アクティビティもプログラムもとても充実していた。そして外国人と関わる機会も多く必ず成長につながるから   など

これからの参加者へのアドバイス(参加者より)

 
アドバイス 5.png
アドバイス 6.png
アドバイス 7.png
 
アドバイス 2.png
アドバイス 3.png
アドバイス 1.png
アドバイス 4.png
 
625609.jpg
 

保護者アンケート「このプログラムを他の方にも勧められますか?」

勧められる(12名)

  • 何より「楽しかった!絶対また行きたい!」の言葉が聞けたから

  • 塾のことも気になったが、この時期に家族と離れて行くことで何にでも立ち向かえるようなそんな感じに成長したと思う

  • 同行メンバーは他地域からの参加も多く、また年齢も様々だが、事前オリエンテーションで顔合わせがあり、安心して出発することができ、現地でもより仲良くなれた。高校生として参加したが、リーダーとしての役割を与えられたのも良い経験だった 

  • 出発前の複数回のオリエンや、留学中も動画などで様子がリアルタイムに把握ができ、とてもきめ細やかな対応だったと思う

  • 保護者に向けてのフォローがとても信頼でき、安心して任せられた

  • 視野が広がったことと、「英語を話せるようになりたい」という動機につながったこと。綺麗な言葉でなくても「単語とジェスチャーで言いたいことは伝えられる」ということを体感できたこと

  • 国籍や年齢の違う子どもたちと集団行動をする中で、お互い助け合ったり、自分で考えて行動したり、たくさんのアクティビティを体験したり、英語学習以外にも多くのことが学べたように思う

 
アンケート2.png

これからの参加者・保護者様へのアドバイス(保護者様より)

  • 海外へ1人で行かせるには親も子も勇気がいるが、ほぼ毎日コメント付きで写真や動画がアップされ、ホームシックどころかカナダでの子ども達の楽しそうな姿を日々確認することができ安心できる

  • 行ったことがない国に長期間1人で行かせることは勇気がいりました。しかし、子どもは考えているよりもたくましいので、「心配」<「行動」をお勧めします

  • 現地は日本人が多いようだったが、子どもの意志(自分からお友達を作ろうとする)があれば、得る物はあると思う

  • 2週間塾の講習会を取るか、カナダのサマープログラムを取るのか・・・絶対、サマーキャンプだと思います。その2週間の体験は、その後の子どもの人生を変えるかも知れない、そのくらいの貴重な体験だからです

  • オリエンテーションに参加し、事前に友達と顔見知りになることは子どもの不安も、大人の不安も軽減されるので良いと思います

  • 英語以前に、まずは自分のことは自分でできるようにしてから参加するよう子どもの自立をある程度させてから参加させた方が良いでしょう

  • 毎日充実していた様で、カナダの話しは目を輝かせて話してくれます。机に向かっての英語の勉強も大事だと思いますが、体で体験しながら英語を学ぶことがこの時期の子ども達には大事なんだなと思いました。英語が好きになってくれたようです